FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガミラス艦 製作日記 ①

 皆さん、おはようございます。 


 第2工作室では、「宇宙戦艦ヤマト」メカコレシリーズの“ガミラス艦”を製作していきたいと思います。

 この艦、旧シリーズでは脇役キャラとして数多くの作品に登場しました。個人的な印象で、最も活躍したのが第一作のガミラス軍冥王星前線基地所属艦で、ヤマトと戦った場面が多く、次いで「新たなる旅立ち」だったような気がします。「ヤマト2」や「ヤマトⅢ」ではあまり活躍してなかったようですが、それでもしっかり登場しています。完結編ではクライマックスシーンで、デスラー艦隊がヤマトを助ける場面があるのですが、この艦隊には“デストロイヤー型”が含まれていなかったかな...。“巡洋型クルーザー艦”のみだったかも...。

 …というように過去多くの場面で活躍している“やられ役”です。前文で少し触れましたが、“ガミラス艦”には実は三タイプが存在します。すべて駆逐艦サイズの小型艦なのですが、“駆逐型デストロイヤー艦”、“駆逐型ミサイル艦”、“巡洋型高速クルーザー艦”に分かれ、最もポピュラーなのが、“デストロイヤー艦”で一般的にガミラス艦と言われています。この3種類、新作の「ヤマト2199」でもリメイクされてすべての艦が登場します。“デストロイヤー艦”は重巡洋艦として、“クルーザー艦”は軽巡洋艦として、“ミサイル艦”は駆逐艦として設定され、旧作では混載して明確な描写分けがなかったのですが、「ヤマト2199」ではキチンと分けられた設定となって活躍しています。

さて、前置きが長くなりましたが、製作に取り掛かります。このキット、シリーズでも大きい部類に入ります。ノンスケールなのですが、ヤマトに比べると本当に多きいです。パーツ数は少なく、左右張り合わせの船体に主砲塔と主翼、艦橋を取り付ければ完成です。

なぜか?付属として白色彗星帝国軍の潜宙艦があるのですが、どうしてこうなったのかは不明です。
 
002_gamirasukan_00.jpg    


002_gamirasukan_01.jpg 
 劇中では“ずんぐりむっくり”のイメージですが、非常にスマートな設計です。ほぼ完成状態...。 

 やはりキットが古いため、あちこちに引けが見られます。ある程度目立つものは処理中。主翼の船体への取り付けもなかなか苦労させられます。 

002_gamirasukan_02.jpg 
 下部の砲塔は真横に旋回すると主翼に射界が塞がれるように感じます。アニメ上の架空艦にそんなことを考えるのはタブーですけれども。  

002_gamirasukan_03.jpg

 艦橋後部の追加工作
 この部分、ぽっかりと口が開いた状態なので、締まりがないためプラ板で閉口しました。



スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

現在までの閲覧者数
プロフィール

軍艦大好き

Author:軍艦大好き
軍艦大好きの工作室へようこそ!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。