FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガミラス艦 製作日記 ③

 皆さん、こんにちは。 

 本日は、第2工作室長の報告です。

 報告、ガミラス艦ことデストロイヤー艦は出来上がりましたが、付属の潜宙艦の製作に入ります。




002_gamirasukan_06.jpg 
 潜宙艦の製作
 キットのおまけは潜宙艦です。これは、白色彗星帝国軍の設定メカであり、劇中ではガミラス艦との接点がまったくないので、この組み合わせはいかがなものかな?と発売当時に製作した頃は思いました。約30年前の出来事です。
 
 パーツは船体を左右張り合わせて主翼を取り付け、艦橋の安定翼を取り付けるだけのシンプルな構造です。金型の疲弊から、船体の張り合わせがうまくいきません。整形に歪みが生じています。

 塗装色で悩みましたが、BOXアートではかなり明るいブルーだったため、当初はスカイブルーで塗装予定でしたが、この色はあまりに明るいので疑問に思い資料を探していると、劇中ではもっと暗いブルー色だったので、インディブルーを選択しました。ただ…、パーツ色の暗緑色が影響して少しくすんだブルー色となってしまいました。塗装前に明るいグレー色か、銀色を下地塗装すべきと反省した次第です。少し色むらだ出ていますが、それも一考かと…。


002_gamirasukan_07.jpg 
 ガミラス艦の船体は、筆塗りの色むらが目立つので、エアブラシで軽く塗装し直しています。どうも、元々の下地が暗い緑色だったため、明るい緑色で塗装した際に下地色が影響して少し暗めの緑色になっていたようです。筆塗りすると、塗料の厚みが増し、その部分だけ明るい緑色となっていたようです。最初に全体を明るめのグレーまたは銀色あたりで塗装すれば良かったなぁ…と反省。

 仕上げに半艶を全体に吹いて、スミ入れしました。


002_gamirasukan_08.jpg 
 ガミラスの「駆逐型デストロイヤー艦」、完成です!  

 劇中のガミラス艦はずんぐりむっくりのイメージが強いのですが、こうしてみると結構スマートで洗練されたデザインに改めて驚かされます。この、目玉ライトを持つデザインは、何処か懐かしくもあり、斬新さもあり、…と30年以上経ってもインパクトあるデザインで素晴らしいです。リメイク版の“宇宙戦艦ヤマト2199”の総監督も、この目玉ライトにこだわりを持ち、ガミラス艦の新たなデザインを制作していますよねぇ~。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

現在までの閲覧者数
プロフィール

軍艦大好き

Author:軍艦大好き
軍艦大好きの工作室へようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。